2010年下半期生物多様性なイベントリスト。

こんにちは。

ガンダム大好き。
エコライターのありんこやです。


「生物多様性」に関するイベントはたくさんあるはずなのに
企業、行政が各自バラバラに取り組んでいて、情報が散逸しているように見えるので
イベント情報を見かけ次第メモしていこうという、ワタシのための日記です。



6月22日(火)
・『Land-Eco 土壌第三者評価委員会』シンポジウム(大阪ATCグリーンエコプラザ)
6月23日(水)
・2010年地球環境シンポジウム「生物多様を考える 私たちにできること」(鶴見緑地陳列館ホール)

7月7日(水):クールアースデー
・ライトダウンキャンペーン(大阪市)
7月10日(土)
・COP10/MOP5カウントダウン100フォーラム
・コカ・コーラ学生環境サミット ネクスト・ジェネレーション国際集会


8月1日(日)
・生物多様性まつり(環境省生物多様性センター)



EICネット:環境イベント情報ページ
http://www.eic.or.jp/event/?gmenu=1
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

大阪中央図書館:生物多様性の講演

こんにちは。

ガンダムだいすき。
エコライターのありんこやです。


前の日記で気になっていた
「出張!大阪自然史博物館講演会 ~山と海をつなぐ生物多様性~」

について、いろいろ検索してみました。


出席した方がブログにアップしてるかな~~と。


講演者本人のブログにヒットしました。
http://d.hatena.ne.jp/Nuphar-love/20100613

それによると、約50人の方が聴講されたそうです。
が、講演者本人のブログなために、内容については触れられてませんでした。
残念。


淀川大図鑑 講演 生物多様性 
などのキーワードで検索しましたが、
「聞いてきたよっ!」という日記は見つかりませんでした。


キーワードが悪いんでしょうかね~・・・・。

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

出張!大阪自然史博物館

こんにちは。

ガンダムだいすき。
エコライターのありんこやです。


ヌートリアってご存知ですか?
南アメリカ原産で体重5~9キロほどのネズミの仲間なのですが
毛皮のコートが、それはそれはさわり心地が良い動物です(笑

そのヌートリアが淀川にいるんですって!

このヌートリア

第二次世界大戦の頃、
毛皮のために連れてこられたのが野生化したもの。
西日本に多く生息しているそうで
イネやオオムギ、葉野菜を荒らしたり田んぼの畦を壊したり・・・
というわけで
「特定外来生物」
に指定されています。


岡山県では年間、約800~2000頭が捕獲、駆除されるそうですが
これって、毛皮にされてるのかしら・・・・。
タダ殺すだけなら、あんまりだ・・・・。


と、話が本題からそれそうなので、毛皮のことはさておき、
どうしていきなりヌートリアなのかと言うと





大阪氏中央図書館の1階展示スペース
出張!自然史博物館&歴史博物館「みんなでつくる淀川大図鑑」展」
 6/4~6/16

行ってきたのです。

これは
大阪市立自然史博物館にて7月24日(土)から開催予定の特別展
「みんなでつくる淀川大図鑑」
告知展示だったのですが

ここに、いたのです。
ヌートリアが。
(剥製だけど)


バブル真っ盛りの高校生の頃、
すべすべ・ふわん♪な触り心地のよさから、欲しかったヌートリアのコート。
モチロン、買ってもらえませんでしたが
その、ヌートリアって、こんな大きさだったのね~。
という、夢のご対面でした。



小さなスペースと自由度の低い陳列棚という制限の中
剥製やホルマリン漬け?など、
視覚から訴えかけるように工夫された展示は
出張というだけあって、少なかったけれど
見ごたえ&読みごたえのあるもので、
これは是非、自然史博物館本編の
「みんなでつくる淀川大図鑑」に行かなくちゃ!!
と思いました。


明日13日は
「淀川大図鑑 -山と海をつなぐ生物多様性-」
という講演会があるようです。

(行けないので、感想がどこかにアップされたら拾ってみます。)

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

地価が高いと雑草も高価!?

こんにちは。

ガンダムだいすき
エコライターのありんこやです。


お散歩にいい季節ですね。
今日は、お散歩で気がついた雑草のおはなし。


4月末、大阪市東成区から阿倍野区へ引っ越し
ようやく土地に慣れ始めたころ
公園でコドモがお花を摘んできました。
見ると、ポピーです。
植えてあるのを採っちゃダメだよ。・・・と思ったら
ベンチの下や塀のふちなど、あちらこちらにポピーが咲いています。
野生のポピーでした


これまで10年間住んでいた東成の家の近所では
雑草のポピーを見たことがありません

10キロと離れていない同じ大阪市内なのに、
この差は何でしょう??


東成区は工場が多かった土地で、次第に住宅地になっていったと聞きます。
阿倍野区は聖徳太子の昔からある四天王寺が近いこともあって
おそらく昔から住宅地であったと思われます。
当然、後者の方が地価が高め。


地価が高いと、お土地柄逃げ出す園芸品種もリッチな感じ!?


地価や文化風習に見られる
「お土地柄」で
雑草の植生に差異が出る


こんな仮説が立てられそうです。



生物多様性が、経済多様性に見事シンクロしていると思いませんか??

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

どうしてダメなの?外来種

こんにちは。
ガンダム大好き。
エコライターありんこやです。


「生物多様性」が注目されるようになって

生きものを大切に!
という意識が高まっています。


そこで、生じるのが、「駆除」と「大切に」の矛盾です。


どうして外来種はダメなの?
どうしてペットを逃がしてあげちゃいけないの?

ブラックバスだって生きものだよ?駆除なんてひどい!


うん。うん。
その気持ち、わかります。
もし、ワタシがブラックバスだったら
日本で生まれたことを呪うでしょう。


ああ。ここがカナダだったら、目の敵にされることなんて、ないのに!!

そこで、ブラックバスのワタシは、おじいちゃん、おばあちゃんの故郷
カナダに引っ越すことにしました。

すると。。。

え~っ!!
カナダって、思ったより、ゴハンが少ないんですけど~!?
ご近所さんは最近ニンゲンに食べられちゃったらしいし・・・。
生きるのがつらいよ~ぅ。日本に帰りたいよ~ぅ・・・。


ということに。

ブラックバスの本来の生息地では、おそらく、ブラックバスのエサになる生物の間にも
ブラックバスから食べられにくい行動をする(隠れるとか、ニオイがわかるとか)ように進化しているハズです。
だから、ブラックバスのいる湖に他の生物が存在していると考えられます。
でも、日本の湖にはバス対策を進化させてきた生物はいません。
当然です。
それまでバスがいなかったんだから。
すると、バスにとっては好都合。入れ食い状態です。

ニンゲンを知らなかったドードーが
ニンゲンを知らなかったから逃げることも知らずに
ニンゲンに乱獲されて絶滅したように

ブラックバスを知らなかった在来魚が絶滅の道を辿る・・・というのも考えられなくもありません。

(ただ、人間と違ってブラックバスは「これ、冷凍しておこう」「お隣さんにもわけてあげよう」「どうせあるなら、全部もらっちゃお!」といった行動はしないし、おなかいっぱいになったら捕食をやめるため、在来魚全滅っていうことはないと思われます。)



で、逆の話

もし、ワタシが在来魚だったら・・・・。
なにやら知らないヤツがやってきて
ワタシの天敵をやっつけてくれた~♪
と思ったら
友達やら、ワタシの分のごはんやらまで食べちゃって、
スゴク困る。


商店街の近くに大型スーパーができました。
商店街のお客さんはみんな大型スーパーに行っちゃいました。
商店街はさびれて、みんな店をたたんでしまいました。


ここでいう大型スーパーがブラックバスで
商店街やお客さんは在来魚という例えなのですが・・・。

「生物多様性」が失われると怖いのはここからです


大型スーパーはしばらく繁盛しましたが
経営母体が倒産し、閉店することになりました。

この街に住んでいた人は、食べ物を買うお店が一軒もなくなりました・・・。


次の出店があるまで
50キロも先の隣町のお店へ食料を買いに行くことになりました。
クルマのない家庭は?
おじいちゃん・おばあちゃんだけの家庭は??
そこに異常気象で猛吹雪が・・・
街は周囲と隔絶されましたand so on・・・・

と、いうわけで、

地域には小さな商店も大事だよ!!
ということ、理解いただけます??
小さな商店ていうのは、ここでは在来種のこと。


「外来種でも生きものだから、殺したらかわいそう」
という、その「感情」を優先させると
それ以上の在来種を死に追いやっている
というコトになります。
そういった「現実」を自覚することを忘れずに~♪





ガルマは何故死んだのか!?
ボウヤだからさ。

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

プロフィール

ありんこや

Author:ありんこや
特技はアリの卵巣摘出です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
人気ブログランキングへ
My Yahoo!に追加
  • seo
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自然を愛するあなたへ・・・
いよいよアウトドアシーズン到来!
お役立ち情報♪