スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギン保育園♪

生物多様性エキスポ
~~ありんこやは生物多様性EXPO2010を勝手に応援しております。~~

こんにちは。
ガンダム大好き。
エコライターありんこやです。



我が家は今、春からの保育園入園の手続きで大わらわ
フリーライターなので子供が保育園の選から外れてしまうと、


1.かなりの額を支払って無認可保育園に入れる
2.ライター業縮小のまま、保育園のアキが出るまで耐え忍ぶ
3.北海道の夫の実家OR茨城県の私の実家に子供をあずける(大阪在住なので)



の3択に・・・。(4.お手伝いさんを雇う・・・ができると嬉しいのですが)
住宅ローンを組んだばっかりの我が家にとっては、保育園入所の可否はまさに死活問題。




お母さんが産後の職場復帰を考えているご家庭では、どこも同じかと思います。
そして、自然界でも、保育園に入れるかどうかが死活問題な動物がいます。



それは、コウテイペンギン
コウテイペンギン
ナショナルジオグラフィックから拝借しました。(無断で!!)



南極に春の足音が聞こえる9月。

生後1ヶ月半ほどのコウテイペンギンのこどもたちは、クレイシと呼ばれる保育園を作ります。
保育園に入っている間、親たちは遠く海へ、サカナを捕りにお仕事です。
先生は、子育てをしていない若い!?おとな。
子供たちを見守ります。

保育園に入れないと、どうなるか・・・・。

春とはいえ、過酷な南極です。
皆、生きることに必至なこの地では、コウテイペンギンのコドモはご馳走♪
おなかをすかせたトウゾクカモメの餌食に・・・。
また、突然の吹雪に凍死することも・・・。



これは、本当の死活問題です!!



働く両親は海から帰ると、この保育園へやってきて、こどもにご飯を与えます。
そしてまた、すぐ働きに出かけます。
保育園は徐々に移動して、夏にはお父さんお母さんの職場である海に到達。
こどもたちはそこで、自ら漁をすることを覚えます。


ニンゲンの保育園も、どんどん職場に近くなったら、お迎えの時間を気にしないでいいのに!!
とボヤくお母さん方の声が聞こえてきそうです。(笑


参考文献
http://www.env.go.jp/earth/nankyoku/db/jyouyaku/aspa/aspa_pdf/127.pdf#search='コウテイペンギン トウゾクカモメ'


<キーワード>
生態学 保育園 クレイシ ルッカリー コウテイペンギン トウゾクカモメ 死活問題
エコ エコロジー 
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ありんこや

Author:ありんこや
特技はアリの卵巣摘出です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
人気ブログランキングへ
My Yahoo!に追加
  • seo
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自然を愛するあなたへ・・・
いよいよアウトドアシーズン到来!
お役立ち情報♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。