地価が高いと雑草も高価!?

こんにちは。

ガンダムだいすき
エコライターのありんこやです。


お散歩にいい季節ですね。
今日は、お散歩で気がついた雑草のおはなし。


4月末、大阪市東成区から阿倍野区へ引っ越し
ようやく土地に慣れ始めたころ
公園でコドモがお花を摘んできました。
見ると、ポピーです。
植えてあるのを採っちゃダメだよ。・・・と思ったら
ベンチの下や塀のふちなど、あちらこちらにポピーが咲いています。
野生のポピーでした


これまで10年間住んでいた東成の家の近所では
雑草のポピーを見たことがありません

10キロと離れていない同じ大阪市内なのに、
この差は何でしょう??


東成区は工場が多かった土地で、次第に住宅地になっていったと聞きます。
阿倍野区は聖徳太子の昔からある四天王寺が近いこともあって
おそらく昔から住宅地であったと思われます。
当然、後者の方が地価が高め。


地価が高いと、お土地柄逃げ出す園芸品種もリッチな感じ!?


地価や文化風習に見られる
「お土地柄」で
雑草の植生に差異が出る


こんな仮説が立てられそうです。



生物多様性が、経済多様性に見事シンクロしていると思いませんか??
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ありんこや

Author:ありんこや
特技はアリの卵巣摘出です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
人気ブログランキングへ
My Yahoo!に追加
  • seo
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自然を愛するあなたへ・・・
いよいよアウトドアシーズン到来!
お役立ち情報♪